中高年失業中日記「カラ元気もでない、でも2社応募」2011/07/02 22:58:07

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: カラ元気もでない、でも2社応募
日付: 07/02/2011 22:58:07
—–
■物色したところで昨日と変わりないのはわかっているのに、それでも何かやらずにはいてられませんでした。もいかしたら見落としているかも……、違う角度から考えれば応募してもいいかも……、そんな思いに駆られて、普段あまり見ないマイナーなサイトも物色してみました。
 ああだこうだ、ウダウダ、グダグダと数時間かけて、結局ネットの転職サイトから1社、そして直接履歴書を送付したのが1社、計2社応募しました。業界はIT業界ではなく、私にとってはまったく未知の業界です。一応、未経験者歓迎とはなっていましたが、あまり期待はしていません。
ちなみに2社とも書類選考通過者にのみ連絡があるということですので、来週中に何も反応がなければ、×ということでしょう。

■気持ちは下がったままです。開き直りたいけど、カラ元気も出ない。そんな土曜日でした。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: hana
日付: 07/03/2011 10:47:24
タイトル:
コンニチハ。
この暑さは、思考能力と体力を奪いますね。
頑張ろうという前向きの日と、もう駄目だという日とジェットコースターのようです。
それでも、応募しなければ、先に進まない。くるしい限りです。
1年経過し、家族から「選んでる場合?」と一言。なんでもいいとは思えない。最後の就活にしたいから、なおさらです。
7月8月はお盆休みもはさまり、求人の動きが鈍る時期。バイトを探しているのですが、こちらも狭き門ですね。。。。
ほんとうに、から元気も出ないです。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 07/03/2011 13:48:03
タイトル: Re: タイトルなし
hanaさん こんにちは
コメントありがとうございます。

 最近、そのジェットコースターの高低差が大きくなってきています。ヤバイなあ、これじゃあ鬱病になってしまうんじゃないか、などと不安になったりもします。肉体的にも精神的にも病むことなど許されないと自分に言い聞かせてますが、なかなかうまくいきませんね。そんな時はすべてを忘れて一旦現実逃避した方がいいかもしれませんが、それもある意味怖くて、結局中途半端に悶絶する日々です。

 選んでられる立場ではないのは、わかってますが。これからまだまだ長く働かなければならない、60歳で楽隠居できるなんてことはもうありえない、ということを考えると少しでも長く働ける仕事をと考えてしまいます。
 この歳になって新しい仕事なんて難しいのでしょうが、そもそものこの歳になったら違うことに踏み出せなくなっているこの社会のしくみがおかしい。若い時期の選択が後々に大きく影響してくる今の社会のしくみは、バクチみたいなものに思えてきます。誰もが人生をいつでもやり直せるというしくみと土壌がないと、国としても発展もない。若年層には、そのバクチにも参加できない方が多勢いらっしゃる。そういう意味ではこんなバクチみたいなしくみもいずれは崩壊する。その後がどうなるのか誰もわかってないのでしょう。
 何かとりとめのない話になってしまいました。すいません。

よろしければコメントなどを……