中高年失業中日記「実習、また行くのが嫌になってきた」2011/06/12 23:53:00

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: 実習、また行くのが嫌になってきた
日付: 06/12/2011 23:53:00
—–
■明日はまたヘルパー2級の実習です。先日行ったところとはまったく別の施設で、今度こそ老人介護です。

 先日のブログで偉そうなことを書きましたが、またここに来て、行くのが嫌になってきました。
 
 実は今日下見に行ってきたのです。その施設は自宅からバイクで行けそうな範囲にあり、明日はバイクで行くつもりでしたので、当日いきなり行って道に迷ったりしないように一度行っておいたほうがいいだろうと思っていたのです。バイクのガソリンも底をつきそうでしたので、補給ついでに行っておくかと思い、今日の午後にひとっ走り行ってきたわけです。
 実際行ってみると本当に20分くらいで行けました。それもかなりゆっくりとしたスピードでしたので、急げば15分もかからないところ。
 それにしてもデカイ施設でした。先月面接に行った介護系施設に勝るとも劣らないデカさです。ぱっと見、病院のようにも見えましたが、もしかしたら内部はやはりリゾート施設みたいかもしれません。

 いったいどんなことするのかなあと思ってます。また最初はわけがわからず不安と戸惑いにさいなまれるのでしょう。そしてまた作り笑いから入っていくのかなと思ってます。先日の知的障害者施設のようにはいかんのではないかと理由もなく思ってます。そして、またやっぱり無駄なことをまたしようとしているという気持ちが沸々と湧いてきて、そうなるともう「行きたくない」という気持ちでいっぱいになってしまいました。

 しかし、これも次のステージに行くために通らねばならない道なのでしょう。無駄と思えることをひたすらやり、それをたくさんたくさん積み上げて、それと引き換えに次のステージに行くような気がしています。願わくばそのステージが、自分が本心からやりたいと思っていることであって欲しい、切にそう願っている今宵です。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: fujimachado
日付: 06/13/2011 01:08:17
タイトル:
今の経験が直接、就職に役に立つかは分かりませんが、その経験が無駄になることはないと思います。身内の介護をされる時、自分がされる時、そんな時、小さなことでも役にたつかもしれませんし。
こういうところで、ヘルパー2級の実習について書くことも世の中の役にたつと思いますし。

生意気ないいかたですが、就労と直結させずに、人生経験と思っていかれれば、よろしいかと…

—————————————————————————
コメント:
投稿者: akey
日付: 06/13/2011 04:05:24
タイトル: 良い施設の見つけ方
介護施設は百花繚乱。いろいろな施設があり、いろいろな人がいます。いくつもの施設を渡り歩いているヘルパーが結構います。仕事そのものは、どこもさほど変わりません。問題は組織の体制です。私自身はヘルパーではありませんが、家人は15年のベテランです。毎日1時間ほど現場の話を聞かされ、うんざりですが。いろいろ総合すると、多くの事業の一つとして介護ビジネスをやっているところは志が低いので、いろいろ納得できないことが多いと思います。とくに、不動産や建設関係、飲食関係の企業が介護をやると、理想と現実の狭間で苦しむと思います。ワ○ミなども良い例です。お勧めは介護一筋の上場企業、もしくは上場してなくても介護一筋で歴史がある施設がいいと思います。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/13/2011 18:20:00
タイトル: Re: タイトルなし
fujimachadoさん こんばんは
コメントありがとうございます。

仰るとおり、経験地は上がったと思います。これが直接関係しないとは思いますが、履歴書に新たな資格が書ける、しかも介護系以外の職種にはあまり役に立たなくても、面接時の話のネタの一つにはなるかもしれませんし、そこから何か「瓢箪からコマ」みたいなことが起こるかもしません。
少なくとも人生経験にはなるでしょう(^^)。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/13/2011 18:29:51
タイトル: Re: 良い施設の見つけ方
akeyさん こんばんは
コメントありがとうございます。

確かに福祉法人がやるのと、営利企業が事業の一つとしてやるのとでは、根本的な考え方が違ってくるでしょうね。前者は基本的に利益云々は二の次(実際は知りませんが)。後者は何だかんだいって売上を伸ばし利益を出せなんてことがあるのでしょう。結局は介護ビジネスというビジネスには違いないのですから、どのみちどこでも上の層は儲けを考えているでしょう。しかし、志は前面に出す。介護に限った話ではありませんが、企業倫理などからして上辺の口上が多い社会です。入ってみないと実態はわかりづらいのだろうと思います。

私は上辺の口上でもいいのです。そんなものに期待などしていないですから。普通に生活できる待遇がきちんと保障されていれば、基本的に文句はない。しかし現実は吃驚するほどの低待遇。仮に志があってもそうであったら話にならないです。

よろしければコメントなどを……