中高年失業中日記「薄っぺらいスクーリングだ」2011/06/07 23:05:37

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: 薄っぺらいスクーリングだ
日付: 06/07/2011 23:05:37
—–
■本日も午前午後と例のスクーリングでした。

 今日で実技は終了だったのですが、正直なところ「これが実技の講習?」と思える内容でした。
 先週から「実技」という名目で講義がありましたが、どれもこれもほんのさわり程度。
 具体的には、講師が一回お手本を見せて、後は自分でやるわけですが、時間が全然足りないので、うまくいってもいかなくても一回こっきりです。初めてやることなのに、お手本を一回見ただけで、後は個人任せ。しかも時間がないからまいていけ、どんどん交代しろと言われて、何が何だかわからないうちにおしまい。こんなの覚えれるわけがないし、これってただの講習レベルではないかと、高い金払ってこんな初歩の初歩レベルのことを駆け足でやらせるだけかよと、がっかりしてしまいました。
 テキストの内容に関する講義にしたって同じ。あれだけ分厚いテキストの内容をすべて講義するとは思ってませんでしたが、実際に講義で扱った内容なんて10分の1にも満たない。結局自学しろってことでしょうが、それにしてもカリキュラムとしてはあまりにもお粗末な内容です。
 しょせん確固たる試験がない、講習を受けて四日間の実習を過ごせば、たいがいの人間に授与される資格。その程度の資格だから、結局は実務について揉まれて経験を積まないと実は付かないのでしょう。

 不況の中で職にありつけない人間が激増し、その人間たちが不本意ながらも仕方なく介護の世界に目を向け覗こうとします。その覗き窓がこの資格。そして覗きたいと思ったら、嫌でも金を払ってどこかの機関に入り込まねばなりません。この不況下、資格ビジネス、特に介護系の資格ビジネス経営層はウハウハなのでしょう。本当に変というか歪んだしくみだなあと思います。

■結局今日は求職活動は何もできなかった、いや、しなかった。一日一日を無駄に過ごしていると、この数日、痛切に感じている。少なくとも来週前半まではこういう調子が続く。
 自分で蒔いた種とはいえ、いつまでこんな無駄を続けなければならないのだろう。あとどれだけ無駄を積み重ねれば、来るべき日が来てくれるのだろうか。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: コール
日付: 06/08/2011 01:06:30
タイトル:
日記は全部見てるわけではありませんが、
SE24年って相当なものですよ。正規の職員は難しいとしてもフリーランスとか十分できると思います。web制作の受注もできるはずです。
なぜしないのかよくわかりません。ブログより
そちらを優先するべきです。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: 同業者
日付: 06/08/2011 07:29:38
タイトル:
友人は残された道は介護か・・
と思って資格講座の会社に聞いてみると
介護施設は20代30代が希望らしいです。
いままで肉体労働をしたこと無い人には、体を壊すだろうと。
田舎は求人は出ているけど、業界の人がクルクル回っているんだと言われました。
体験はハローワークが無料で行えばいいのですが・・・
なんでも資格が重要視されていますが
それで潤っているのは資格会社だけですね。
資格会社に踊らされているって気がします。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: マレ
日付: 06/08/2011 18:15:09
タイトル:
同業者40代です。失業して間もないSE歴10年です。

この社会情勢下で40代から定年まで雇う企業なんてあるのかと疑問です。仮に正社員で採用されても何時リストラされるかも分らないご時世なのは百も承知のはずです。
ブログを読んでますと切羽詰まった状況だとお察ししますが、何故、ITフリーランスを選択しないのかと疑問に思います。
私もSE歴24年って伊達じゃないと思いますよ!!

私は、貧乏で、その日の稼ぎもないのに先の事まで考える余裕がないので、とりあえず短期ですがフリー契約しましたよ。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: たつ
日付: 06/08/2011 20:29:32
タイトル: ご苦労様でした。
スクーリングご苦労様でした。[絵文字:v-14]ハローワークに行く毎日だけで終わる日もしばしば。無駄に過ごしていると思う日もあります。ですが開き直って歩いていこうかと思ってます。
目標は何でも良いのかも知れませんね。ホームヘルパーとは違いますがあいた時間で資格の勉強を始めました。
自分は奥さんの冷たい目の中就職活動を続けております。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/08/2011 23:31:09
タイトル: Re: タイトルなし
コールさん こんばんは
コメントありがとうございます。

> 日記は全部見てるわけではありませんが、
> SE24年って相当なものですよ。正規の職員は難しいとしてもフリーランスとか十分できると思います。web制作の受注もできるはずです。

 24年という経歴があっても、フリーランスでWEB製作を受注できるようなスキルが残念ながらないのです。ご存知かどうかわかりませんが、IT系にも様々なジャンルがあります。生粋のWEB系SE&PGとして24年やっていたのならフリーランスとしてやっていけるのかもしれませんが、ほとんどが汎用機系・オープン系のスキルしかない私にはWEB製作を受注するようなフリーランスとしてやっていくことはほぼ不可能です。
 ならば汎用機系・オープン系の仕事をフリーランスでやればいいじゃないかと言われそうですが、そもそもその系統の仕事が激減しているから今のような状態になってしまったのであり、仮に仕事があっても現状ではフリーランスにまでその仕事が回ってくる可能性はかなり低いと思います。
 それにフリーランスでやるということは、SEというスキルだけでなく、その都度旬の開発技法を駆使できる上級PGとしてのスキルも求められます。これからどんどん老いて行く私がいつまでそのようなPGとして仕事ができるか、それを考えると純粋にIT系、例えば前出しているWEB製作のような仕事をフリーランスでやるには、将来的なリスク(将来的と言ってもすぐ間近の将来)があまりにが高いのではないかと思っています。

> なぜしないのかよくわかりません。ブログより
> そちらを優先するべきです。

 ご忠告ありがとうございます。ブログはあくまで片手間にやっていますので、ご心配には及びません(笑)

 こうしてブログをやっているのは、自分の精神的バランスを保つためです。いくら失業中だからといって朝から晩まで就職活動だけをしていたら、きっと精神が崩壊してしまうと思ってます。それを防ぐために、就職活動や現金稼ぎとはまったく関係のないことをせねばと思い、以前から運営している別のいくつかのブログと併せてこのブログを運営しています。
 私は昔から文章を書くことに一切苦痛を感じないタイプであり、信じていただけないと思いますが長文もさほど時間をかけずに書ける人間です。もしかしたらこういう仕事の方が自分には向いているのではないかと思うほどです。とはいえそんな仕事が私に舞い込んでくることなどないと思っていますが。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/08/2011 23:44:30
タイトル: Re: タイトルなし
同業者さん こんばんは
コメントありがとうございます。

 介護業界の実情については、私も同業者さんが仰っているようなことを聞いたことがあります。
実際に実技をやっていて腰への負担が相当なものだと実感しましたし、同じクラスに既に介護系施設で働いていらっしゃる男性がいて、その方から「腰ベルトを巻いていないと、絶対にもたない」とも聞きました。もちろんその方の意見がすべてではないと思いますが、肉体的な負荷が相当あることは間違いないと思います。

 求人に関しては地域ごとにそれぞれ事情があると思います。私の住む地域では人が足りていなくて、各施設で人の取り合いだとか。それゆえ未経験でもOKというところが多いです。とはいえ(実際に面接を受けた身である私が提供できる情報として)給料はメチャ安ですが。

 いつの間にか資格ビジネス、ノウハウビジネス花盛りの社会になりました。何でもかんでも資格にしてしまうご時勢です。いっそのこと失業者という立場も資格にしてしまいますか(笑)もしそんな資格があったら、私は間違いなく上級レベルに認定されると思います(笑)。いかんせんそんな資格を生かす場などありませんが。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/09/2011 00:17:53
タイトル: Re: タイトルなし
マレさん こんばんは
コメントありがとうございます。

> 私もSE歴24年って伊達じゃないと思いますよ!!

ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しい気持ちが湧いてまいります。

 フリーランスを考えない理由は、コールさんへの返信に書いておりますが、もう一つ付け加えるとすると、実のところITの仕事をこの先ずっと続けていく自信があまりないのです。フリーでも何でもいいのですが、私は基本的に体が動く限り働き続けなければならない立場です。65歳で年金をもらえる歳になっても働き続けねばなりません。その時のためにも今のうちから長く働き続けることができる、もしくはその時に繋がる仕事を探したい、それを最優先に考えています。ヘルパーの仕事に関してもその考えから波及した結果です。(残念ながらこれは色々な意味で無理だと断念しましたが)
 仮にフリーでIT系の仕事を再開できたとしても先はあまり長くないだろうと思ってます。というのも今までに50才を超えたフリーのSEなんて見たことがないものですから。50を過ぎて仕事がまったくなくなったら、その時点で違うことをするには今以上に厳しい環境になると思ってます。できるのであれば40代である今のうちに手を打ちたいと思っています。甘い考えでしょうかねぇ。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/09/2011 00:35:51
タイトル: Re: ご苦労様でした。
たつさん こんばんは
コメントありがとうございます。

 ハローワークに行く毎日だけで終わる日が続くと精神的に滅入りますよね。間違いなく知らないうちにストレスも溜まると思います。(私みたいに急性胃腸炎になって救急車に乗るはめになったら最悪ですし(笑))

 私の場合はスクーリングもそうですが、こうしてこのブログを含むいくつかのブログに何だかんだと文章を書くことで精神のバランスを何とか保てれています。文章を書くのが好きなのが高じてくれた結果ですが、就職活動とはまったく関係のないことを少しはやっていた方がいいと思います。

 ものは考えよう。今は次のステップに向かうための充電期間と考えて、資格取得に励むのも一つの手かと思います。充電期間が長くなると非常に不味くなるのは確かですが……。

> 自分は奥さんの冷たい目の中就職活動を続けております。

 奥さん、冷たいのですか……。それは少々つらいですね。
 私の場合、就職活動と関係のないことに精を出していて、それが嫁さんにバレてしまった時、思いっきり「情けない」と罵倒されました。仕事が決まらない今は、よく落胆しているような表情を見せることがあります。
 仕方ないですよね、こっちが不安を与えてしまっているのですから、そんな態度を取る嫁さんを責めるわけにはいきません。
 早く冷たい目を温かい表情に変えたいですよね。そのためにも前に向かって進むしかないです。

よろしければコメントなどを……