中高年失業中日記「近所に筒抜け??」2011/06/07 00:48:36

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: 近所に筒抜け??
日付: 06/07/2011 00:48:36
—–
■午前中はネットの各転職サイトで求人を物色しました。しかし新たに応募できそうな求人は見当たらず、ただただ闇雲に検索していたにすぎませんでした。

 気合を入れて午後から他のサイトも検索しようと思っていたら、近所にすむ姉がやってきました。何でも日曜日に京都に行って来たので、そのお土産を渡したいということでした。

 それにしても、まあ姉と嫁さん、同い年ということもあってか、よく喋ります。一階の居間で喋っていたのですが、今日は少々暑かったので窓は全開。まずは先日の私の急性胃腸炎の話に始まり、お約束されたかのように私の今の状況に関する話に突入。そこで二人から「失業」だの「無職」だの「仕事がない」だの「お金がない」だの、かなりでかい声でそういった言葉がポンポン飛び出します。しかも二人とも面白い話でもしているかのように、時々ボケとツッコミが入るかのように笑いながら話すのです。

 もうちょっと神経使ってくれんかなあ。
 
 いや、私にそういう話をするのは別にいいです。それは現実であり、嘘偽りのない事実ですから、今更二人に何を言われてもいいのです。
 しかし、窓全開状態でそういう話を甲高い声でされると、外にまる聞こえです。きっと隣の奥さんの耳にしっかり入ったのではないかと思います。(もし隣の奥さんが在宅していれば)これでまたまた日中、表に出づらくなってしまいました
 どうして中年主婦というのは、ああも無神経なのでしょうか……(泣)それとも今の状況など笑い飛ばせという気持ちなのでしょうか。そう思うと確かにそうかなと思うのですが。

■本日は夜に例のスクーリングがありました。急性胃腸炎でやむを得ず欠席した講義の振替えです。

 今回は食事介助に関する講義と実技でした。

 実際に介護者として食事を食べさせる、被介護者として食事を食べさせてもらう、という両者のケースを体験するという実技でしたが、正直なところ金を取って講義するほどのものなのかと疑問に思いました。

 スクーリングに行くたびに、やはりこれって無駄なことしているのではないかと思ってしまいます。
 明日はまた朝から夕方までスクーリングです。本当にこんなことを今やっていていいのかと思うばかりです。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: 北の失業者
日付: 06/07/2011 14:58:47
タイトル: はじめまして
ikutashibaさん、はじめまして。
私は北海道のある地方都市に住む47歳の失業者です。やはり失業して1年になります。

窓全開でそのようなお話をされるのは、なにかと居心地が悪いですよね。
私の住んでいる所は、お隣が100mほど離れていますし、他は畑と森しかない、北海道の大自然の中に住んでますからそのような心配はないのですが、それでも日中は出歩くのが気まずいです(汗)
既に部落には「無職だ」というのが知れ渡っていますから、出会うたびに「まだ仕事してないのか」と聞かれ、「ええ、まぁ」と答えるのが精一杯。「仕事をしてない」んじゃなくて「仕事をしたいけど仕事がない」んですが、まぁ同じことなんでしょうね(汗)
事実無職ですから(困)

ハローワークに行くにも、片道約20キロ。
ひと山越えればJRもありますが、一日数本で路線バスはありません。
車でトロトロと燃費走行してガゾリン代を少しでも抑えるようにしています(笑)

こちらも殆ど求人がなく、あるのは公的機関の求人が殆どで、後は飲食店や土建業。しかしそれも殆どが非正規社員です。
たまに正社員募集があっても、資格、経験と言われ、資格があっても未経験では即戦力にはならず雇ってもらえません(ぶっちゃけ年齢もあるでしょうが・・・)。
あるのはやはり同じく介護業界でしょうか。
かくいう私も、今月からヘルパー2級の受講を申し込んでおりましたが、当日から高熱が出たためやむなく来月に延期してもらいました。
ikutashibaさんのヘルパー無料説明会の一件ではありませんが、私も何かにつけこのような障害に見舞われます(汗)(笑)
しかし、私もikutashibaさんと同じく本意ではないんですよね。介護の仕事をされてる方には大変申し訳ないんですが・・・。
それでもそれを選択肢に入れるしかないくらい求人がありません。
実際にスクーリングに行き、それから判断しようと思っています。

中高年問わず、若い方々ですら就職難となっている中、また震災で苦しんでる方々がいる中で、くだらない政権争いをしている政治家を見てると、いくらいいことを言っても結局は国民目線で見れるなんてことは間違ってもないんだろうなと失望するばかりです。

お互いに、一日も早くこの世界から抜け出せるように前に進みましょう。
これからも拝読させて頂きますが、どうぞよろしくお願いします。

いきなりのコメントで、長文駄文を失礼しました。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: たつ
日付: 06/07/2011 18:49:16
タイトル: こんばんわ。
こんばんわ。全く同じ境遇です。やはり昼間から、出歩いていると世間の目がありますよね。でも自分はもう気にする事を止めました。気にしていても事態が変わるわけではないですし[絵文字:v-14]・・。
無職になって6ヶ月目位までは気になっていましたが。
いつも読んでいて自分も何か始めてみようかと思っています。ホームヘルパーを受講する意欲がすごいと思っています。履歴書に書ける資格で仮に就業しなくても意欲は買って貰えるかも知れませんね。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/07/2011 19:12:42
タイトル: Re: はじめまして
北の失業者さん こんばんは
コメントありがとうございます。

長文コメント、大歓迎です。これからもドシドシ書き込んでやって下さい。

北海道も厳しいようですね。というか日本全国そうなのでしょう。

周囲に知れ渡っているのなら、逆に開き直って「何か仕事があったら紹介してくれ」って言いまわるのも一つの手のように思えますが……(そこから新しい縁が生まれるかもしれないし……)

ヘルパー2級の講座を受講されるのですね。それなら百聞は一見に如かず。ご自分でしっかり確かめるのはいいことだと思います。(資格を取ったからって絶対にヘルパー職に就かねばならないわけではありませんし。)

永田町に巣食う奴らを政治家とは思ってません。奴らは政治を商売道具にしている、ただの政治屋だと思ってます。バカでアホでどうしようもないくらい醜い奴らです。

この先も頑張れるかどうかわかりませんが、前を向いて歩くしかないですね。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: 「手に職をつけたい!転職したい!」高橋
日付: 06/07/2011 19:16:25
タイトル: 相互リンクのお願い
ikutashiba様

いつもお世話になっております。
私は「手に職をつけたい!転職したい!」というサイトを
運営しております高橋と申します。

ネットサーフィンをしておりましたら、とても参考になるブログをみつけまして、声を掛けさせて頂きました。

もしよろしければ相互リンクをして頂けませんでしょうか?

こちらはすでにトップページにリンクさせて頂きました。

今後ともよろしくお願い致します。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/07/2011 19:19:36
タイトル: Re: こんばんわ。
たつさん こんばんは
コメントありがとうございます。

ホームヘルパー受講は、結局は自分の乱心の結果、つまり自分の心がブレまくっていた結果のことだと思ってます。ヘルパー実務に就く気がない現在、ほとんど無駄な行為になってしまいましたが、これも今生きている中で起こった必然的な出来事のうちの一つだったのだと思ってます。無風状態よりは、何かしらの風が吹いていた方が何か刺激も生まれてくるでしょう。

「GREEN」というサイトですね。以前から見ていますし、このサイトで過去に数社応募したこともあります。しかし、いい返事は一つもありません。開発スキル、経験、実績を持っていても、
「企業はお若いのがお好き」
のようです。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: ken
日付: 06/08/2011 00:08:17
タイトル: 若年者と中高年の失業者。どっちが辛い?
タイトルのような疑問があったとして、答えはどっちでしょうか?
実際は、中高年より若年者のほうが苦しいです。
若い人が首を切られる理由は「家族持ちの中高年の首は切りにくいから」「若い人のほうが再就職が見つかりやすいだろうから」という理不尽な理由が大半だという。
若いから就職できるという中高年のこの安楽な発想が現実どうなっているか。現在の日本の失業率5%超。しかし、若年者の失業率だけで見たら24歳までで9%越えてます。29歳で7%。日本の失業率5%の数字は中高年の低すぎる失業率のおかげです。実際は中高年のほうが就職できているし、採用率もいいし、統計だけ見れば日本という国は中高年にとても優しく若者にはとても厳しい構造をしてしまっている。
企業の面接で最重要視されるのは、今はもう年齢じゃありません。若さが一番優遇されたのは数年前の好景気の時代です。今は年齢以上に経験という即戦力を求められています。
若いからという理由で経験を積む前に首を切られた、あるいは経験をつむ以前に採用されない若者は、経験がないことを理由に採用されません。経験を積ませてくれない社会の中で経験を求められる理不尽さがありますか?
その結果が若年者の異常な失業率の上昇です。
給料という経費がもっとも安くつくはずの若年を雇わない会社の真意は教育にかけるお金がもったいないから。逆にいえば、教育にかけるお金がほとんど不要な中高年はその点でいえば若年者よりも採用されやすいといえる。
ですから、失礼ながら…、あなたが介護という職種を譲歩しようかという発想は間違ってるように思います。譲るべきは職種ではなく待遇ですよ。もし、月給18万の給料で賞与も昇給も退職金もいらないからSEの仕事をしたいという若者がいたとして、同条件で20年の経験を持つ中高年が応募してきたら、多くの企業が採用するのは中高年のほうです。なぜなら教育にこれから金がかかり現在実務的な何のスキルも持っておらず、潜在性とフレッシュさいう不確定要素しかない若者と、20年の業界経験者という確かな要素を持った人間とを比較したとき、給与という支出が等価なら営利のみをとことん追求する世の多くの会社が後者を選ばない理由はあまりない。
年齢による体力的な問題もあるのでしょうし、IT業界が定年までいられにくい形態であるということもありますが、今どんな仕事をしようが、この不景気の今決まるだろう仕事に楽な道筋はまずありません。妥協すべき多くのことのひとつに肉体労働的な部分があれば目をつむるべきかと。
また、生活できるだけの給与は確かに必要で家族を養わなければならないのもあるでしょう。ただ、無職で収入ゼロよりは低待遇でも職がある方がマシだともいえる。希望の要件をこれ以上ないと思うさらに下に落として、その生活レベルに合うように家族を説得、納得してもらうべきかと。
中高年の失業者が楽だなどとは言いません。ただ、今の時代に失業した若年層よりはかなり恵まれているとは言えます。高い学費を払い、夢いっぱいに学校を卒業しても仕事がなく満足に社会に出る最初の一歩の機会さえ挫かれ阻まれ、無職の期間やら、正社員の経験やら、転職回数やら、短期の離職やらを必要以上に気にする中高年の採用担当者のせいで、卒業後に就職できない、就職してもすぐに職を失った多くの若年者はこれからもきっと苦しい時代を歩くでしょう。
アルバイトや契約などの非正規を渡り歩けば、非正規の経験しかないことを理由に、経験がないから正規としては採用されない。今の中高年が今までもらってきた人並みの収入を、こうした不安定な身分に陥った若年者がもらう事はおそらくこれからもないですよ。さらに悪いのはこの不景気で収入を気にする世帯が多くなり、人の価値観も変わってしまった。例えば、こうした若年者の将来は結婚さえもできない人が多数でます。非正規社員として生涯不安定なまま、今までの中高年層が当たり前のようにもらってきた収入ももらえず、結婚もできずに老後に孤独な死を迎える。それが今の若者の行く末だとしたら、やはり20年以上の経験があり知識があり家族があり一年くらい無職でいられる貯金がありっていう境遇は恵まれているように思うのです。
まじめに仕事をしていたのに・・・一方で、就職できない若者はよくこんな言葉を言う。「働く場所さえあれば、まじめに仕事をするのに・・・」しかし、今の彼らには、まじめに仕事をしたら活きる環境が過去にも未来にも存在してない。また、この日本の就職事情は、仕事を統一性を何がなんでも重視する。若者が安易に最初の仕事で介護職を選ばざるを得ず選んだとき、仮に40代過ぎてから体力が続かないとなっても、介護以外の仕事に就くことを限りなく困難にしてしまっている。
社会を20年経験した者が残り20年の仕事を選ぶことと、社会経験のない若者が残り40年続く仕事を選ぶことと、きっとどちらも過酷なのだろうけど、その重みは大きく違うと思うのです。
こんな日本という歪みきった社会で生きるなら、この社会の用意したレールから一度でもはずれてしまった人間はこれ以上なく強く大きく身を切るしかもうないんでしょう。
少なくとも、40歳で首を切られた中高年は、実りある過去があったじゃないですか。その過去のおかげで貯金があること、職種の経験があること、家族がいること、そんな当たり前だった人生をうらやましく思う若年失業者が必ずいますよ。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 06/08/2011 22:40:56
タイトル: Re: 若年者と中高年の失業者。どっちが辛い?
kenさん こんにちは
コメントありがとうございます。

まずは貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。

> タイトルのような疑問があったとして、答えはどっちでしょうか?

私の個人的な意見です。

どっちも苦しいと思います、はい。
そもそもどっちが苦しいかを較べることに何の意味があるのかわかりません。

世代を超えて、今我々失業者が置かれている立場を共有しあって、根本的な原因は何なのか、共に社会に向かって訴えていくのならまだしも、あんたらの方が恵まれている、いや、お前らの方が恵まれている、などと、同じ失業者同士が文句を言い合ったところで、潰し合いをするだけであって、根本的な状況が解決されるとは思えません。不毛な論議だと思います。

 それともう一つ。
 失礼なことを言わせていただきますが、私の発想が間違っているというようなことを書かれておられますが、人にはそれぞれ意見や考えがあります。kenさんにはkenさんの考えや意見があるように、私にも私なりの考えや意見があります。それぞれの意見に対して、正しいか間違っているかなんて誰にも決められないと思いますよ。

 私は私の主観でこのブログに自分の考えや意見をアップしていますが「自分の考えや意見が正しい」などと言うつもりはありませんし、それを他人様に押付けるつもりもありません。
 ご意見は有難く頂戴しますが議論する気はありません。
 もしご自分でお考えをもってらっしゃるのなら、コメントに書かれるだけでなく、ご自身でもブログを起ち上げて、そこでご自身の意見を発信されてはいかがでしょうか。

よろしければコメントなどを……