中高年失業中日記「何だろう、これは」2011/04/28 16:05:25

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: 何だろう、これは
日付: 04/28/2011 16:05:25
—–
■ホームヘルパー2級養成講座をサイトで物色。するとちょうど今日の午後から無料説明会があるところを見つけた。場所も近くはないが地元だったので行くことに決めて支度をした。そして、そろそろ出ようかと思っていた矢先、いきなり雨が降り始めた。

 おい、天気予報に雨マークはなかったぞ。

 原チャリで行くつもりでいたのだ。いくら地元といえども、そこに行くのに電車だと、けっこうな費用がかかる。無職のこの身、今は少しでも余計なお金は使いたくない。原チャリだとその交通費のガソリン代で3回は往復できるのだ。
 雨合羽を着れば何とかなるかと思い、身支度して出ようとしたら、雨足は強まり大雨になった。おまけにゴロゴロと雷まで鳴り始め、とてもじゃないが原チャリで30分も走れる状態ではなくなってきた。

 しばし雨空を睨みつけていたが、一向に雨足弱くならず、仕方がないから電車で行こうと急いで時刻表を見たら、説明会に間に合う電車は、あと数分で発車してしまうことがわかった。そのあとの電車ではもう間に合わない。その時点で今回の説明会はあきらめた……。

 そして今、その説明会開始時刻になった。ほんの数分前にあれだけ降っていた雨は止み、薄日が射してきた。

 ざけんじゃねぇよ、この野郎!!

 自然とそんな感情が沸きあがり、思わず家の中で上を向いてそう叫んだ。

 呪われているんじゃないかと思うくらい、腹が立った。あまりにタイミングが良すぎるではないか。

 思えば自分の人生、こういうことばかりがやたらと起こる。何かにつけ行動を起こそうとすると必ず何かしらの障害が発生する。いざ現地に行くと掲載されていた地図が間違っているのに気が付いたり、一つ曲がる道を間違えて汗だくになって訪問先を探し回ったり、ネットで調べた電車の時間が休日のものだったり、そして面接に遅刻してしまったり……。

 こういうことが起こると必ずと言っていいくらい、縁がないという結果になる。

 昔、あのOR△CLEに応募したことがある。結婚したての頃だから、まだ三十くらいだった頃だ。書類選考がとおり、一次面接もとおった。そして最終面接を兼ねた役員面接に呼ばれた。場所は東京本社だ。事前に、面接するのは人事担当役員をはじめとする経営者たちだと聞かされていて、この面接にとおれば、あのOR△CLEに転職できると思っていた。最終面談まで残った応募者は極少だったし、その頃OR△CLEは全国展開にやっきになっていた頃だったから、よほどのことがない限り大丈夫だろうと支社担当の人からの後押しもあった。あとは自分が頑張ればいいのだと思っていた。

 当日、新大阪から新幹線に乗った。約束していた時間は午後1:30。それに十分間に合う時間の新幹線に乗った。慣れない東京の地理に迷った時のことを考えてのことだった。

 新幹線は定刻に発車した。だが、この新幹線が東京に着くことはなかった。
 
 その日はPKO成立により自衛隊が初めて海外に派遣された日だった。東京の複数の駅で反対派によるものと見られる放火があり、いくつかの施設が焼け、それにより東京のJRが大混乱に陥った。そしてその影響は新幹線にも及び、当日走っていた新幹線の多くが東京に着くことなく、線路上に立ち往生した。

 私が乗っていた新幹線は名古屋を出たあたりで完全に停まった。その後、少し動いては長時間停止を繰り返し、出発してから8時間後の午後4時頃、やっと新富士駅に着き、降車することができた。もちろん「ひかり」が停まる駅ではない。
 当時は携帯電話などまだ普及しておらず、車内の電話に長蛇の列。だが、新幹線の電話というのは、電車単位に回線が割り当てられているのではなく、東海道線という線路に対して数本の回線が割り当てられていたため、その数本の回線を、線路上に停止している何本もの新幹線が取り合うため、いつ誰がかけたところで話中で使い物にならず、私がOR△CLE社にやっと連絡ができたのは新富士駅構内の公衆電話だった。

 もちろんOR△CLE社も事情はわかってくれていて、「大変だったね」と同情してくれたし、後日改めて面接の日取りを組むという約束までしてくれたから、怒りは半減した。

 新大阪に戻ってこれたのは午後9時ごろ。午前8時に新大阪を発ち、東京に着く事なく13時間という無駄な時間を使って、また新大阪に戻ってきたわけだ。もちろん新幹線代は払い戻された。

 それから数日後にOR△CLE社から面談のスケジュールの打診があったのだが、提示された日はどうしても仕事を休むことができない日であったため、再度調整となった。そしてそれから数日後にOR△CLE社から手紙が来た。内容は、今回の募集活動は一旦打ち切りとなったこと、私に対しては次回の募集時に必ず連絡するというもので、何と5000円分のビール券が同封されていた。じゃあ次回は役員面接だけだと思い、次の募集が始まるのを待つことにした。

 しかし、その後私にOR△CLE社から連絡が来ることはなかった。

 あの日、あんな事件さえ起こらずに東京で役員面接を受けていたら、おそらく私の人生は変わっていただろう。もしかしたら、今のような憂き目に会うこともなかったかもしれない。それが、あの日に限ってあんな事件が起こった。私の行く手を遮ったのか、それともOR△CLE社に入るなと何かが私を導いたのか、それは今もってよくわからない。

 今言えるのは、この件に限らず、自分の人生の中で、ここぞという時に限って予想だにしなかったことが起こり、その道が閉ざされることがアホほどあったということと、それがいい力なのか悪い力なのか未だにわからないということだ。今日起こった突然の大雨と雷も、現象は違えど私にとっては同類であり、今までにさんざ味わってきたものだ。

 腐るほど起こってきたこういう現象に、今までは決して思うことはなかったが、今日という今日は思った。

 もう何か不思議な力が働いているとしか思えない、と。

 責任転嫁するつもりはないが、自分の力じゃどうにもできんのだ。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: dd
日付: 04/30/2011 22:15:17
タイトル: こんにちは。
ほぼ同世代で似たようなブログを書いております。私のブログには似たようなお仲間が集います、一度覗いてみてください。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 04/30/2011 22:41:04
タイトル: Re: こんにちは。
こんばんは。
コメントありがとうございます。
実は以前からちょこちょこと拝見させていただいておりました。

同年代で同じ苦しみを抱えてられる方の頑張っている様子を拝見して自分の気持ちを奮い立たせております。
今後とも宜しくお願いいたします。
頑張りましょう。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: ひろみん
日付: 04/10/2012 21:16:46
タイトル: 大変でしたね
はじめまして、ひろみんと申します。大変な時期でしょうが、またブログ読みに来ますので頑張ってください。

—————————————————————————
コメント:
投稿者: イクタシバ イタル
日付: 04/15/2012 01:44:40
タイトル: Re: 大変でしたね
ひろみんさん こんばんは
コメントありがとうございます。

> はじめまして、ひろみんと申します。大変な時期でしょうが、またブログ読みに来ますので頑張ってください。

 はじめまして。そして、ありがとうございます。またお暇な時にでも遊びにきてください。
 

よろしければコメントなどを……