中高年失業中日記「もうIT系中心はやめた」2011/04/19 19:25:47

投稿者: イクタシバ イタル
タイトル: もうIT系中心はやめた
日付: 04/19/2011 19:25:47
—–
■4月の頭にネットで応募していた企業から返事あり。予想通りダメだった

■前日にハローワークのインターネットサービスでめぼしをつけていた企業を紹介してもらうためにハローワークへ行った。今日は少し混んでいて、もう少しで求人検索パソコンの大量の待ち行列に並ばねばならないところだったが、幸いにも二人待ちだった。

 昨日家人から「お父さんは嫌かもしれないけど、葬儀屋さん系とかはどう?」と言われた。以前住んでいたところの近所に家人の友人がいたのだが、その方のダンナさんがその職業についていて、何でもその職業を選んだ理由が、葬儀というあまり人がやりたがらない仕事だが、人間がいる以上、葬祭はなくならないから仕事は安定しているし、歳を取っても続けられる仕事だからだそうだ。すでに御歳50を超えられているが、仕事は安定しているそうだ。
 この話を聞いたのは確か5~6年前で、その時私もそうだろうなと思った。そして今本当にそう思う。40過ぎたら仕事は減るは、案件がなければ厄介者のような扱いを受けるは、下請け(場合によっては更にその下請け)という不安定な状態が常であるソフトウェア業界に比べたら、はるかに安定しているし、培った経験はずっと生かすことができるし、その経験を業界は必要としてくれる。経験がすぐに陳腐化したり、理不尽な理由で熟練技術者がないがしろにされるソフトウェア業界なんかよりも全然いいと思う。

 家人からの話を聞いて、その気になった。元々もうソフトウェアやIT業界に執着はない。早期に再就職するのであれば、やはりこれまで携わってきた仕事だと思い、IT業界を中心に活動してきたが、一年経ってもこのザマで、どれだけ求人要件と合っていても、結局はまず年齢ではねられてしまう。仮に再就職できたとしても、また仕事がなくなれば、ポイされる可能性はかなり高い。だって、50才を超えてPMクラスならまだしも、技術オンリーで食っている人がいったいどれくらいいるか。それを考えれば、今からでも確実に定年まで仕事ができる職種の方がいいと思える。
 それにもうこの歳だ。まだ五十にはなってはいないが、今から入社したところで退職金など知れた額。それなら正社員でなくても契約社員の一年契約ででも、続けられる職種についた方がいいと思えた。

 そういうわけで今日ハローワークに行き、葬祭スタッフの求人の紹介を受けた。正社員ではなく1年更新の契約社員だ。年齢不問、未経験可という記載は、これまでの経験上「本当かよ!」と疑いたくなりはするが、とりあえずは応募することにした。
 3人募集しているところに既に24人の応募があり、そのうち16人がまだ採否未定状態であるらしい。この職種は昔は世間から差別的に疎まれた職種ではあったが、映画「送りびと」のヒットにより、世間にきちんと認知されたからか、それともこの不況でそんなことを気になどしていられなくなったからか、すごい応募率だ。私が採用される確率は極めて低いと思うが、どう展開してくれるだろうか?

 また、ネットでも葬祭ディレクター職(未経験可)の求人があったので応募した。これも確率は低いだろうとは思う。


 現在応募中求人数:8社
  内訳
   面接の結果待ち(放置されている企業):2社
   面接後、案件待ち          :1社
   書類選考待ち            :5社

よろしければコメントなどを……