2017年9月20日 水曜日 日碌

もう何もかもが嫌になってきた。

何も誰も信じられなくなってしまった。

組織の論理が最優先。

個人なんて単なる道具の一つか。

しょせん、人間は独りか。

弱者は、どこまで行っても、どうあがいても弱者か。

いつまで人のために尽くさねばならんのか。

いつまでその責任を負わねばならないのか。

僕は人を幸せにするために生きているわけではない。

自分が幸せになりたいから生きているのだ。

その延長で周りを幸せにできたらいいんじゃないのか。

自分を押し殺してまで周りを幸せにする義務があるとでもいうのか。

それを当たり前と思われたら、たまったものではない。

そんな人生なんか、まっぴらごめんだ。

今までそんな人生を送ってきたのだ。

もう残された時間は少ない。

どんなに頑張ったって、あと30年も生きられないだろう。

ここ数年の自分の体の具合を考えると、あと10年くらいが関の山のような気がする。

せめてその残された時間を穏やかに過ごせないものか。

死ぬまで働かねばならないのだろうが、せめて納得のいく働き方ができないか。

「みんなそうだ」の一言に抗うのは、そんなにいけないことなのか。

「みんなそうだ」の一言を受け入れ、その言葉に埋没してしまったら、

もうおしまいじゃないか。

受け入れるのは自由だ。

受け入れようと思うのなら受け入れればいい。

だがそれに抗う者を非難するのは筋違いだ。

非難するのなら同じような目に遭ってみろ。

もう組織の理屈なんてうんざりだ。

人の思いに応え続けることにも疲れた。

もうどうでもいいって気分だ。

後悔は数え切れないくらいあるが、もうそんなものを今更言及しても仕方がないから

はっきり言ってどうでもいいと思えるが、希望が生まれるような気もしないから

困ったものだ

こんな気持ちを持ち続けたままで生き続けることに何の意味があるのか。

今なら、癌だと言われても「ああ、そうですか」と淡々と答えるだろう。

余命宣告でもされたら嬉しいって思うかも知れないし、

もっと短くならないのかと思うかも知れない。

人間として、人を思いやる気持ちは、それが多いのか少ないのかはわからないが残ってはいる。

だからこういうことを書くと人の道を外れていると言われるだろう。

だが人は人を思いやる気持ちと同じくらい、

人と関わりたくないという気持ちを持っているということを

僕は既に知ってしまっている。

この数年の間、僕に降りかかった数々の災いの中に、

僕は人が持つ本心の、ある一つをはっきりと見た。

結局、世の中は綺麗ごとでは済まない。

ドロドロとした感情が間違いなく潜んでいる。

普段はそれが見えない。

美辞麗句によって虚飾されて、それで幸せなのだと思い込まされている。

そうやって僕も何十年も生き続けてきた。

でももういい加減、そういうのが嫌になってきた。

昨日、メキシコで大きな地震があって、たくさんの人がこの世を去った。

少し前は台風で、何人かの人がこの世を去った。

毎日、地球上でたくさんの人が老若男女を問わず、この世を去っている。

どうしてその中に自分がいなかったのかと最近よく思う。

単に運が良かったからか。

いや、そもそもそれは「運が良かった」ということなのか。

「運が悪かった」ということではないと誰が断言できるか。

「生きているだけでまるもうけ」とは某有名芸能人の言葉。

果たして本当にそうか。

決してそうではあるまい。

本当にそうであるなら、毎年何万もの人が自分から

この世に別れを告げている事実を何と考えればよいのか。

何の根拠もないが、今自分が生きている時間は、

おまけで与えられた時間という感覚が昔から強い。

何か役割があったから、おまけの時間が与えられたのか。

だが、こんな心境になるくらいなら、そんなおまけなんていらなかった。

鏡に映る、今のこんな心境の自分の老い行く顔を見続けることは

僕にとっては諦めを自覚し続けていくことに等しい。

今の自分は未来に向かっては一番若いのだろうが、

明るい未来の一欠けらも予感できない今の自分では、

その若さを実感することなどできるはずがない。

自分から進んで人生を終わらせる気は更々ないが、

早く天寿を全うしたいと思う。

以上、とても疲れていて、落ち込んでいる管理人の独白でした。

【追記】
働く気がまったくしない。

明日マジで仕事サボったろか。
何もかも忘れて遊びに興じたろか。
昼間っから浴びるほど酒飲んだろか。
辞めていた煙草復活したろか。

それともどこか遠くにでも行こうかなあ。

ちなみに管理人本人は、今、非常に不貞腐れ、精神的にも
荒れているので、正論を振りかざすような、説教じみた
コメントとかをされると、おそらくに大いに吠えまくるか
完璧に無視するかのどちらかと思うので、そういうコメント
はしない方が賢明である。

2017年9月21日 午前1:00 記す。

2017年9月20日 水曜日 日碌” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ちゅっぴ より:

    お疲れのようですね‥。
    ほとんどの人間が「単なる道具」の一つ。というか部品でしょうね。
    しかも、一本くらい抜け落ちても何せ数が多いのであまり動くのに支障のないネジとかね。
    転がっていても誰にも気づかれない、っていう‥^^;
    同じ部品なら切れたらとりあえず機械が止まっちゃうチェーンとか、それくらいにはなりたかったです。ほんと。

    この間歌番組で福山雅治さんの「聖域」を歌詞付きで聞いたんです。
    「お金のことは何一つ考えなくていいように死ぬほど欲しいの それでお金からいつか自由になれるのなら」
    この部分に大きくうなずいちゃいましたよ、私。
    ああ、お金があったら。腹の立つ仕事も嫌な人間関係もぱぁ!っと断ち切ることができるのに。
    いや、お金さえあれば気持ちに余裕があるから「こいつ、嫌な奴だなあ」と
    心の中でニヤニヤしながら仕事を続けることもできるかも。

    それで、今日は仕事をさぼって遊びに行かれたのでしょうか?
    お酒を飲んでたばこもモクモク・・だったのかな?

    ・・な~んて。

    やっぱり会社に行かれたんだろうなあ。

    1. いくたしば いたる より:

      ちゅっぴさん こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      >お疲れのようですね‥。

      ええ、けっこう疲弊しました。
      疲れているんじゃないんです。
      疲弊しているのです……。
      この辺りのニュアンス、ちゅっぴさんなら、わかって頂けると思います。

      >ほとんどの人間が「単なる道具」の一つ。というか部品でしょうね。
      >しかも、一本くらい抜け落ちても何せ数が多いのであまり動くのに支障のないネジとかね。
      >転がっていても誰にも気づかれない、っていう‥^^;
      >同じ部品なら切れたらとりあえず機械が止まっちゃうチェーンとか、それくらいにはなりたかったです。ほんと。
      >

      そういう部品は別格ですね。
      部品であってもCoreっていう位置付けでしょうから、僕みたいな目には遭わないでしょうね。

      >この間歌番組で福山雅治さんの「聖域」を歌詞付きで聞いたんです。
      >「お金のことは何一つ考えなくていいように死ぬほど欲しいの それでお金からいつか自由になれるのなら」
      >この部分に大きくうなずいちゃいましたよ、私。

      僕も大きく頷きます。
      超同感!

      >ああ、お金があったら。腹の立つ仕事も嫌な人間関係もぱぁ!っと断ち切ることができるのに。
      >いや、お金さえあれば気持ちに余裕があるから「こいつ、嫌な奴だなあ」と
      >心の中でニヤニヤしながら仕事を続けることもできるかも。
      >

      腐るほどのお金があれば僕を取り巻く悩ましい問題のすべてが間違いなく解決します。
      結局お金がないことがすべての元凶なんです。
      逆にお金で解決できることに悩まされているんです。
      お金に囚われているんです。
      考えれば考えるほどアホらしいです。
      でも今の時代に生きるということは結局そういうこと。
      何にもしなくても、健康保険料だの税金だので毎月数万円が飛んで行く。
      生きているだけで金を支払わねばならないだなんて、おかしな世界です。

      >それで、今日は仕事をさぼって遊びに行かれたのでしょうか?
      >お酒を飲んでたばこもモクモク・・だったのかな?
      >
      >・・な~んて。
      >
      >やっぱり会社に行かれたんだろうなあ。

      ご指摘のとおり会社に行きました。
      通勤電車に乗っている間、どこかで途中下車して遊びに行こうかと、真剣に思いました。
      でも半分くらいまで行ったら、そのままズルズルと職場に行ってしまいました。
      どこまでも煮え切らない人間ですわ。

よろしければコメントなどを……