中高年のお金

百貨店株に目をつけています…Jフロント100株131,500円で仕込みました。

株式投資のイメージ
Pocket

こんにちは。ネオです。

お小遣いと言うか、余裕資金の範囲で株式投資を楽しんでいます…と言っても、凄い久しぶりに買いました。

長期投資のイメージ
ドルコスト平均法による投資を始めました。2020年1月31日Jリート5万円購入!こんにちは。ネオです。 いま中高年の皆さんの関心が高い事…いろいろあるでしょうが「老後のお金」はかなりランクが上ではないでしょうか...

上に貼ってある記事でも書かせて頂いたのですが、投資の勉強は好きでずーと続けていまして、けっこう知識も付いたのでいざ参入しようとした時に、親の介護が始まってしまい今になります。

両親を看ていたのですが、母が亡くなり父だけになったので時間的余裕が少し生まれましたので、投資についての勉強&参入を開始した次第です。

◆百貨店株に目をつけています

株式投資のイメージ
David SchwarzenbergによるPixabayからの画像

この記事は2020年2月6日に書いています。
世間の話題は、もっぱら「コロナウイルス肺炎」です。

現時点で、終息の目途は全くついていません。まだ、顕在化していませんが「経済」にも大きな影響が有る事は誰でも予想出来るでしょう。

とは言え、いずれ人類の英知で解決するとわたしは信じていますので、予防には気を付けつつも「投資」と言う観点でも、世間を見ています。

百貨店は業態自体が衰退期に入っており、今後大きな成長は無いでしょう。ただ、いま起こっているコロナウイルス肺炎騒ぎは一過性です(そう願っている)。

中国人の団体ツアー禁止などで(インバウンド効果減少)、下がっている百貨店株はコロナウイルス肺炎騒ぎが落ち着けば、肺炎前の水準には戻ると思っています(個人見解)。

◆Jフロント100株131,500円で仕込みました

株式投資のイメージ
Ahmad ArdityによるPixabayからの画像

昨日(2020.02.05)、百貨店株の一つ「Jフロント」を100株買いました。約定価格は1,315円ですので、13万1500円の投資となります。

※わたしはSBI証券を使っています。

SBI証券の取引履歴

え!たったそれだけ?と思う人もいるでしょうが。ネオの小遣いの範囲ではこんなものです。

Jフロントは大丸・松坂屋が合併して出来た会社ですね。厳しい百貨店業界の中でも、頑張っている方だと、普段から評価していた会社です。

昨年末辺りで、1500円越えでしたので、その辺りまでの戻りを想定して目標利益は2万円でホールドしておきます。さて、どうなりますか…

◆頭と尻尾はくれてやれ精神

株式投資のイメージ
skeezeによるPixabayからの画像

今の時点で下手をすれば、コロナウイルス肺炎騒ぎはGWまで続き、オリンピック・パラリンピックにも影響が?なんて言われている時期ですので、今後も百貨店株は下がる傾向かな?と思っています。

じゃ、なぜ今買ったのか「頭と尻尾はくれてやれ」精神ですね。自分の性格からして、底値まで追いかけると「判断」が鈍り、結局買わないでチャンス時期を逃すのではないか?と思っているからです。

自分の予想…コロナウイルス肺炎騒ぎが収まれば1500円になる!と言うのが的中するなら、今買っても2万円の利益が出るわけですから、買いそこないが一番イケないとの判断です。

もし、今後もガタガタに下がれば、あと100株だけ「ナンピン買い」のつもりはあります。
※尚、この記事は読者様にJフロント株をおすすめする記事ではございません。

途中経過は意味がないので、Jフロントを売却したら結果を書きますね。
では、またお会いしましょう。by ネオ